Google 記事の書き方のコツ:発リンクに注意! | トレンドアフィリエイト実践記!脱サラ大作戦

記事の書き方のコツ:発リンクに注意!

こんにちは、笠原です。今回も実践者の方からいただいた質問に回答していきたいと思います。テーマは、トレンドアフィリエイト記事の書き方における「発リンク」の取り扱いについてです。自分の記事を上位表示させる上で大切な基本知識になりますので、しっかり抑えてください。

トレンド記事の書き方のコツ:発リンクの取り扱い

<質問>(記事に書く情報を)色々調べていると、他の専門サイトに詳しく書いてあることが多いです。それを私の手で書き直すより、その専門サイトの内容を簡潔にまとめて、そこへ発リンクして飛ばしたほうが親切かな?と思うのですが、いかがでしょうか?またWikipediaのリンクも貼ったほうがいいのでしょうか?貼らない方がいいのでしょうか?

これもよくある記事の書き方のお悩みですよね。

トレンドアフィリエイトの記事を書く上では、様々なサイトをみて情報を仕入れるわけですが、その際、自分で書くよりリンクを貼ってそのサイトに飛ばしたほうが、ユーザーにより詳しい情報を得てもらえるんじゃないの?って。

確かに、元のサイトに飛ばしたほうがより詳細な情報がわかることもあります。ですが、それだとあなたの記事の存在価値がないわけです。だって最初からそのサイトを見てもらえればいいわけですから。

それにユーザーからしたら、一つの情報を得るのに複数のサイトをみるのって面倒臭いんです。いちいちリンク先に飛ばなければ情報を得られない記事って、読み辛いんですよね。

あなたも自分が検索する立場だったら、リンクがバンバン貼られた記事の書き方されると煩わしく感じませんか?

なので、発リンクをして他のサイトに飛ばすのではなく、あなたの記事でユーザーが満足してもらえるように、しっかりリライトして情報を書いてあげてください。

それに、実はこの「発リンク」というのはSEO上マイナスになることもあるんです。発リンクというのは、自分のサイトから他のサイトへ飛ばすリンクのことです。逆に他のサイトから自分のサイトへ飛ばしてもらうリンクのことを被リンクといいます。

「え、発リンクってリスクがあるの!?」なんて思っちゃった方はぜひ続きの動画をみてください。トレンドアフィリエイトの記事の書き方としては基本的な知識ですから、しっかり学んでおきましょうね。

 

 

それでは。

プレゼント付き★無料メルマガ講座

より詳細なノウハウを知りたい方は無料メルマガ講座に今すぐご登録ください!

平凡なサラリーマンだった私が、なぜ2ヵ月目に月10万円を稼ぎ、4ヵ月目には給料以上である月40万円を稼げるようになったのか…その秘密とノウハウメルマガ限定で公開しています。登録特典・プレゼントもご用意していますので、下のボタンから今すぐご登録ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ