Google ワードプレス「Quick Adsense」の使い方と文字化け対策をマスターして快適なWordpressを | トレンドアフィリエイト実践記!脱サラ大作戦

ワードプレス「Quick Adsense」の使い方と文字化け対策をマスターして快適なWordPressを

WordPress(ワードプレス)にグーグルアドセンスを簡単に設置できる便利なプラグイン「Quick Adsense」。

タグボタン一発で記事の好きな場所にアドセンスを設置できたり、全記事に自動的に広告を挿入したり、特定の記事だけアドセンスを非表示にしたりと、かなり使いやすいプラグインです。もちろん、ワードプレスのトレンドアフィリエイトにもオススメ。

しかし、設置した広告コードが文字化けするバグが確認されていますので、今回は「Quick Adsense」の設定、基本的な使い方と文字化け対策を合わせて一緒にお伝えしていきます。

WordPressアドセンスプラグイン「Quick Adsense」のインストールと文字化け対策

①ワードプレス管理画面>プラグイン>新規追加とクリックし、 検索窓で「Quick Adsense」と検索します。

②Quick Adsense をインストールし、有効化して下さい。

続いて、アドセンス広告の設定に入る前に文字化け対策をやっちゃいましょう。この段階で文字化けを回避するために、予め Quick Adsense のファイルに修正を加えます。

③左メニューより、「プラグイン」>「インストール済みプラグイン」 とクリック。一覧に表示されている Quick Adsense の「編集」をクリックして ください。

④ページ右側「プラグインファイル」の中から、 「quick-adsense/quick-adsense-admin.php」をクリックします。

※この後、「quick-adsense/quick-adsense-admin.php」を一部修正しますので、修正作業に不安がある方は 記述されている内容をメモ帳などにコピーしてバックアップを取っておいて下さい。

⑤記述されているコードを一部修正します

【1カ所目】
<?php for ($i=1;$i<=$QData[‘Ads’];$i++) { という記述を探して下さい。

(※コードが記述されている欄内をクリックし、[Ctrl]+[F]で検索をかけると早く見つかります。)

その下にある、
$cod = htmlentities(get_option(‘AdsCode’.$i));

に修正して下さい。

【2カ所目】
<?php for ($i=1;$i<=$QData[‘AdsWid’];$i++) { の下にある
$cod = htmlentities(get_option(‘WidCode’.$i));

に書き換えて下さい。

⑥作業が終わったら「ファイルを更新」をクリックして下さい。

設定と文字化け対策は以上になります。

「Quick Adsense」の設定と使い方

続いてはQuick Adsenseでワードプレスにアドセンスを設置していく使い方について説明します。

Quick Adsense は、各アドセンス広告コードを<Ads1>、<Ads2>、… などと割り当てて、<Ads1>、<Ads2>,…を記事の中、記事の下に 設置することで、広告を表示させる仕組みとなっています。

この説明では、以下のように割り当てて説明を進めていきます。

Ads1:記事中のアドセンスコード
Ads2:記事下のアドセンスコード

①左メニューから「設定」>「Quick Adsense」とクリックして、 Quick Adsense 設定画面を開きます。 以下の図のように設定します。

②「Show Quicktag Buttons on the HTML Edit Post SubPanel」に チェックを入れてください。

③Ads1 に記事中、Ads2に記事下の広告コードを貼付けて下さい。 また、広告を左に寄せたい場合は「なし」、中央に寄せたい場合は「中央」を 選択して下さい。

広告の位置は、お使いのテンプレートによってキレイに見える位置が違うので、 実際に確かめてみて下さい。記事に挿入する画像の位置と広告の位置を揃えると キレイに見えます。

この際、広告コードと一緒にラベル表示【スポンサードリンク】と改行を欄内に記述して下さい。 すると、以下のような形になります。

⑤各設定が終わったら、ページ最下部にある「変更を保存」をクリックします。 記事下の広告については、ここまでの設定で自動的に広告が 表示されるようになっています。正しく表示されているかどうか一度ご確認ください。

 

なお、記事中への広告設置 記事中に設置する広告については、Quick Adsense の自動挿入機能を使用してもい いのですが、上手く挿入されなかったり、予期しない場所に広告が挿入されたり します。

しかも、その表示のされ方によっては規約違反になる可能性があるので、 記事中の広告については、記事の投稿時に手動で設置したほうがいいです。

①記事の投稿が終わったら、「テキストエディタ」画面を開きます。 広告を設置したい場所で「Ads1」ボタンを押します。

これで広告コードが挿入されたことになります。

②プレビュー画面で、広告がちゃんと表示されているか、 広告と本文の間のスペースは十分か、確認してください。

Quick Adsenseの設定と使い方は以上になります。

プレゼント付き★無料メルマガ講座

より詳細なノウハウを知りたい方は無料メルマガ講座に今すぐご登録ください!

平凡なサラリーマンだった私が、なぜ2ヵ月目に月10万円を稼ぎ、4ヵ月目には給料以上である月40万円を稼げるようになったのか…その秘密とノウハウメルマガ限定で公開しています。登録特典・プレゼントもご用意していますので、下のボタンから今すぐご登録ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ