Google 【F1アブダビGP 2015観戦記】1日目:成田エティハド航空〜パドッククラブ | トレンドアフィリエイト実践記!脱サラ大作戦

【F1アブダビGP 2015観戦記】1日目:成田エティハド航空〜パドッククラブ

こんにちは、笠原です。

ある事業の視察を兼ねてなのですが11/26〜12/1まで、アブダビにF1グランプリ2015を観にいってきました!しかもモンゴル首相の招待枠で、です。

現地では、世界的VIP達のビジネススケールの違いを見せつけられ、自分の価値観が完全にぶっ壊された旅になりましたので、その辺のビジネス的な視点での情報も後半の記事でシェアしたいと思います。

と〜っても長いので3記事にわけますが、世界トップクラスのビジネス感など気づきもあるかと思いますので、お時間のある方は読み飛ばしながら、もしくは高速スクロールで、ざっと目を通していただければ幸いです。

※ちなみに海外に行くことになった事業とは、ネットビジネス系ではなく、政府絡みのファイナンス案件です。

成田空港からエティハド航空でアブダビへ

アブダビへは21時 成田空港発のエティハド航空で向かいました。

アブダビへの飛行時間は12時間程度。日本とアブダビの時差は5時間です。

今回の旅を共にする社長たちと…

(この旅のためにセルフィー棒買いました。持ち手がプルプルします)

急遽出張が決まったためチケットはエコノミークラスだったのですが、個人的に10時間以上のフライトは初めてということもあり、体中痛い痛い…(次回はビジネスクラスでいきたい)

そんなこんなで、なんとかアブダビ国際空港に到着。現地時間は、午前5時過ぎです。

冬ということもあり、半袖だとちょっと肌寒いくらいの気温でしたね(おそらく20度前半くらい)。空気ですが、湿気もそれほどなく。特に中東っぽい匂いは、しませんね。

その後タクシーで宿泊先のホテルへ向かいますが・・・なんと!今回宿泊するのは、Yas Viceroy Abu Dhabi Hotel(ヤス ヴァイスロイ アブダビ ホテル)なのです!

F1ドライバー&チーム関係者&VIPが集結!ヤス ヴァイスロイ アブダビ ホテル

このホテル、F1好きな方ならご存知かと思いますが、サーキットの内側にあるホテルなんですよ!ホテルの周囲をコースが取り囲むような形になっています。

わかりづらいですが、ホテルの外周と本館別棟をつなぐ渡り廊下の下をF1マシンが走ります。

コースに囲まれているため、ホテルのいたるところからレースを楽しむことができるという、F1好きにはたまらない夢のようなホテル!

しかも、実はGP開催中は、このホテルにはドライバーやチーム関係者、VIPしか泊まれません!(実際ルイス・ハミルトンもこのホテルに宿泊していました。)

そんなところに一般人の私が宿泊できるなんて…これも携わってる事業の「力」なんです(笑)。ありがたや〜。ちなみに一泊30万円ですが、招待なので費用は全くかかりませんでした!

ホテルのロビー。早朝のため、とても静かです。

いたるところモータースポーツ色&スポンサーのグッズが。。。

部屋に到着!

部屋にもF1グッズなどが用意されており、気分を盛り上げてくれます。

ですが一番驚いたのは、テラス!なんと、眼下にはコースがあるではありませんか!

わざわざ会場まで行かなくても部屋やホテル前から、レースを楽しむことができるんです。(なんと贅沢な…)

VIP席の代表格!F1アブダビGP「パドッククラブ」

ホテルで一休みした後、いよいよ今回のお目当て、サーキット会場&パドッククラブに向かいます。

パドッククラブへは、サーキット会場のお土産&飲食ゾーンを抜けて〜

ようやく入口にたどり着きました!

とても綺麗なお姉さまがお迎えしてくれます。

パドッククラブのパス

ちなみにパドッククラブとは、極上のロケーションからレースを観戦できる特別なエリアで、お酒や食事など楽しめるラウンジがたくさんあります。簡単に言うとVIPエリアですね。

パドッククラブにはいくつものラウンジがあるのですが、1つのラウンジの中で、窓側(コース側)の一番良い席が我々のために用意されていました。(さすがUAE大統領招待枠!!

一番窓側のテーブルを独占!

私たちがいたラウンジの全体。奥のガラスの向こうは通路。

外の観戦席にも出られます。(ご機嫌なT社長)

もちろん、わたしも。

ご覧の通り、この建物はホームストレートの一般観客席の向かいに位置します。

パドッククラブの建物は4階建で1F部分はピットレーンとなっています。だから外の観戦席にでるとピット作業が見下ろせるんですよ。

この日はフリー走行だったので、美味しい食事とシャンパンを楽しみながら、フリー走行を観戦するという贅沢なひと時を過ごさせていただきました。

パドッククラブの建物内を散策。建物の裏側にはチームホスピタリティが。

楽しそう。

このオープンラウンジには、王族やら世界的VIPやら大金持ちの方々がいます。ですが、彼らはただ談笑しているのではなく、実はビジネスの商談をしているのです。

さらに、F1の別チームのスタッフ同士が話し込んでいる場面も。案内してくれた人によれば、これは来季のドライバーやエンジニアのトレードなどを話しているとのことでした。

このエリアにいる人は本当にVIPしかおりません。。。で、ここで気づいたのですが、この旅の3日間一人も中国の方をお見かけしませんでした。一人くらいいてもよさそうなのですが…お金だけあってもこういうところには来れないみたいですね。

ピットレーン前を歩けるピットウォーク

その後、パドッククラブの特典であるピットウォークへ参加しました。ピットウォークとは、ピットレーンの前を歩けるイベントのことです。明日の予選を控えたピットの様子をみることができます。

一見、わたしも楽しそうに会話に混ざっているように見えますが、実は全く会話には参加してません。(英語わからないので)

これも夢のようなひと時でした。

決勝レース前日になると、このピットウォークもかなり盛り上がるようなので、その様子については別記事で記したいと思います。

ヤスマリーナ全体がお祭り状態に!

夜はヤスヴァイスロイホテルのプールに入り・・・

タクシーで片道1時間かけてマリーナモールにいき、強烈な現地食を食べ・・・

その後ヤスマリーナを散策。(すでにヘトヘト…)

今回のF1アブダビGPが開催されるヤスマリーナはヤス島という人工島にあるのでが、GP開催直前ということもあり、マリーナ全体がどんちゃんお祭り騒ぎでした!

お店やクルーザーなど、いたるところでEDMやクラブミュージックが爆音で流れており、マリーナ全体がまさクラブ状態です!

世界各地からVIPやモデル級の美女が集結中といった感じで、本当に綺麗な人ばかり。みんなパリピー(パーリーピーポー)ですね。

ちなみに宿泊先のホテルもこのありさまです。

ホテル全体がエレクトリカルパレード状態となっております…

ホテルに戻ったのですが、ホテルの1階の店舗でも爆音が・・・部屋に戻っても爆音がガンガン響いてます!どうやら今日は寝かせてくれないみたいですね。。。

部屋の中にレーザー光線が入ってきて眩しいよ〜。

ちなみに、今回の事業のボスがこのホテルのスイートルームに泊まっていたのですが、なんとその上の階がルイスハミルトンが泊まっている部屋だったらしく、朝6時までどんちゃん騒ぎが続いていたそうです。さすが、ワールドチャンピオンを獲得した余裕ですね。

ちなみにスイートルームはこんな感じ。窓の外が一面サーキット!

飛行機で熟睡できなかったことと初日の疲れがどっとでて、この日は爆音を聞きながら眠りにつきました。。。

ここまで、お読みいただけた方ありがとうございました!そしてお疲れ様でした!1日目はかなり盛りだくさんだったので一番ボリュームがありました。2日目以降の記事はもっとシンプルにいきますね。笑

2日目の記事に続く・・・

ヤスウォーターワールド&フェラーリワールド【F1アブダビGP2015 観戦記2日目】

【F1アブダビGP 2015】観戦記3日目:決勝レース<世界の富がここに>

プレゼント付き★無料メルマガ講座

より詳細なノウハウを知りたい方は無料メルマガ講座に今すぐご登録ください!

平凡なサラリーマンだった私が、なぜ2ヵ月目に月10万円を稼ぎ、4ヵ月目には給料以上である月40万円を稼げるようになったのか…その秘密とノウハウメルマガ限定で公開しています。登録特典・プレゼントもご用意していますので、下のボタンから今すぐご登録ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ